フォト

ミースケの本棚

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« おあずけ | トップページ | 『僕たち急行 A列車で行こう』 »

2012年3月28日 (水)

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

ようやく新作鑑賞レポをアップ出来てうれしいです~♪♪

ずっと気になっていた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

メリル・ストリープがアカデミー賞主演女優賞を受賞したのは

納得のいい作品でした。

英国初の女性首相サッチャーさんのことは

もちろん知っていますが

その記憶と言えばほとんど外見的な事ばかり。

青のスーツときれいにセットされた金髪のヘアースタイル

それぐらいしか記憶になく

実際彼女が政治的に何を行ったのか

ほとんど興味が無く知りませんでした。

この作品で改めて彼女が政治を志した経緯と

並大抵ではない苦労をまざまざと見せられました。

イギリスと言えば保守的なイメージで

サッチャーさんが議員となった当時

女性が政治に参加することの難しさ男性議員からの反発など

きっと映画以上の苦労があったと思います。

ましてや女性初の首相

男性でさえ本当に大変な職責に加えて

男性陣の上に立つ難しさ・・・

“鉄の女”と呼ばれるしかないほど

強硬にならざるを得なかったんでしょうね~

この作品の面白いところは

ただ単にサッチャーさんの人生を追っていくのではなく

引退後の彼女が認知症を思わせる現在と交互に過去を語っていくところ。

母として妻として家族より政治を選んでしまったゆえの当時の葛藤が

認知症になってしまった今にも影響を及ぼしている現実。

過去の記憶と今の妄想とふと気づく現実

そのないまぜが過去には一国の首相だった彼女も

ただの生身の人間だと言うことを表してます。

メリル・ストリープはまさにはまり役でもうそっくり!!

それ以上に老いたサッチャーさんを演じた演技力は

脱帽もので本当に素晴らしいです(拍手)

同じような部類の映画に

ダイアナ元妃亡き後の英国王室と

エリザベス女王の葛藤を描いた『クィーン』があったけれど

それに比べてこの映画はより人間があり近くに感じられる作品でした。

素晴らしい作品、おすすめです☆

« おあずけ | トップページ | 『僕たち急行 A列車で行こう』 »

洋画:ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おあずけ | トップページ | 『僕たち急行 A列車で行こう』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31