フォト

ミースケの本棚

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 『テルマエ・ロマエ』 | トップページ | 『宇宙兄弟』(追記あり) »

2012年5月 9日 (水)

『運命の子』

日本では『忠臣蔵』が中国では『趙氏孤児』が国民的歴史ドラマなのだそう。

その『趙氏孤児』を原作とするのがこの『運命の子』

約2600年前の中国の出来事。

戦国時代に翻弄される父子の復讐劇なんですが

詳しい内容はこちらをどうぞ(^ ^;)

中国の歴史スペクタクルものを観るのは

『LOVERS』以来本当に久しぶり。

やはり衣装などの美しさはさすがです。

ただ・・・

ここ最近こう言う戦闘シーンを観るのがとても辛くなってしまいました。

そう言ったシーンは嫌だったけれど

“父の愛”に胸が熱くなる所もありました。

血のつながりは無い二人の父のような存在。

その人間関係に隠された秘密に気付きかけ

戦国と言う時代の中で非情に生きることを選択しつつも

やはり親子の情は深く大きい。

私にはなじみのないストーリーだったので

多少わかり辛い所もあったけれど

中国で大切にされてきた話だということは

何となく理解できたような気がします。

« 『テルマエ・ロマエ』 | トップページ | 『宇宙兄弟』(追記あり) »

洋画:ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『テルマエ・ロマエ』 | トップページ | 『宇宙兄弟』(追記あり) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31