フォト

ミースケの本棚

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

『終の信託』

尊厳死をテーマとした『終の信託』

あの『Shall We ダンス?』の二人が再び共演と言う事で話題になっていますが

そんな興味本位の気分は即一掃されました。

患者、江木(役所広司)が希望し、家族に説明の上行った延命治療の中止。

が、後になって医師、折井(草刈民代)は殺人罪で訴えられてしまう。

書こうとすると、どんどんネタバレになってしまうので

今日はほぼ感想のみにします。

静かにドラマが進んだ前半

そして問題の延命治療を中止する山場。

そして取り調べで検事(大沢たかお)と折井(草刈民代)の壮絶なバトル。

この二人のやり取りはすごかったです。

原作の小説に惚れ込んだ周防監督のこの仕掛け

すごいと思いました。

この作品は難しい問題がめい一杯詰め込まれていたように思います。

延命治療をどうとらえるのか。

医療が進み延命治療によって取りあえず「死」を引き延ばすことが医療なのか。

患者本来の寿命を尊重すること医療の線引きの難しさ。

患者の意思を尊重して納得した上でもいざ行う時の心の負担。

そして医師と家族の意思疎通の難しさ。

更には真実がどんどん偏った形で検事の狙いの方向に進められていく恐ろしさ。

周防監督の前作『それでもボクはやってない』でも感じた恐ろしさに通じるものがあります。

それにしても、役所広司扮する江木の最期のシーンも壮絶でした・・・

相当リアルで、思わず父の事を思い出してしまい苦しかったです。

かなり重いテーマなので観終わった気分は決してよくはないけれど

それでも素晴らしい作品だと思うのでぜひ観て欲しいです。

特に延命治療の選択は意外に迫られる機会がありそうなので

(父の時も人工呼吸器をつけるか否か、考えておいて欲しいと医師に言われました)

自分だったらどうしたいか、

あるいは家族同士でお互いの考えを話し合ってみるきっかけにしたらいいと思います。

映画そのものとしてもかなり見応えあります!!

2012年10月24日 (水)

『あなたへ』

先月NHKで高倉健さんのドキュメンタリーを見て

『あなたへ』を観たいと思ったもののついつい後回し。

公開1ヶ月以上経ってようやく観て来ました。

大滝秀治さんのまさかの訃報に遺作となったこの作品

「やっぱりスクリーンで観ておかなくては!」そう思ったからでした。

予想以上に素敵な作品でした!

きっと淡々として地味な映画なんだろうなと

勝手に想像していましたが

思った以上に心に沁みました。

妻の遺言で妻の故郷、長崎の平戸に向かう一人旅

その途中で出会う様々な人とのからみ、

そして妻との思い出が交錯しながら

旅が進んでいく。

なぜ妻がそんな遺言を残したのか・・・

割り切れない思いと

朴訥とした語り口とは裏腹に

亡き妻を想う夫(健さん)の恋心?がひしひしと伝わって来るのです。

ドキュメンタリーでも取り上げていた平戸の写真館のシーン

メイキングですでに知っていたにも関わらず

たった一言の「ありがとう」が本当に心に沁みました。

そして、もの静かな健さんとは対照的な旅の途中で出会った人達。

彼らのにぎやかさが映画にメリハリを与えてくれて良かったのかも。

役者としてのビートたけしは上手いのか下手なのか

いつもよくわからないけれど

健さんとのぎこちない会話が結構よかったりしました。

そして大滝秀治さん、

実にさりげないのにグッと来てしまうのです。

存在そのものが全てに深みを与えられるって本当に素晴らしいと思います。

最期まで役者として活躍されたことは本望だったのではないでしょうか。

素晴らしい多くの作品をありがとうございました。

そして、健さんに愛され尽くす妻役の田中裕子さんもとても良かったです。

どこかはかなげでさみしそうな独特の雰囲気。

特に彼女が歌うシーン、切なかった・・・

その一方で結婚してからの夫婦での会話ではとっても素敵な笑顔を見せてくれる。

この二人のキャスティングは実にハマっていたと思います。

こんな素敵な夫婦、あこがれてしまいますね~(笑)

妻への想い、愛に満ちあふれた

心がじ~んと温まる素敵な映画で

もっと早く観てみんなに勧めれば良かったと思います。

2012年10月 4日 (木)

『ボーンレガシー』

ボーンシリーズは最初から見続けているので

今回の『ボーンレガシー』ではキャスティングが変わっていたので

まさかジェイソン・ボーンの代替え?

マット・デイモンが肥ったからからかと

勝手に想像しながら観てしまいました(^ ^;)

結局ジェイソン・ボーンと同じく養成された別の極秘暗殺者の話と言う

サイドストーリーでした。

それでも新たな暗殺者アーロン・クロスもボーンに負けず劣らず

すごい技をたくさん見せてかっこよかったです!

私は派手なアクションより、

今回のようなバイクチェイスの方が好きなので

面白く観れました♪

まだまだ続きそうなボーンシリーズ

いったいどう決着がつくのかが気になります。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31