フォト

ミースケの本棚

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

『ストロベリーナイト』(ネタバレあり)

こちらは期待通り!!良かったです~

『ストロベリーナイト』シリーズは原作も読んでおり

特に今回の原作『インビジブルレイン』は姫川が恋に落ちると言う

予想外の展開だったので自然と映画の方も期待度が高まっていました。

ミステリーなのに内容を知っていても十分楽しめるのは

このシリーズにして初めて恋愛ドラマが並行して展開するから。

しかもそれは事件を解決するための重要なカギでもあるから

ミステリーその物としても面白いのです!

(でも、原作を読む前に観た方がドキドキ度は確実に上がると思います)

自分の過去と秘めた闇を抱えながら

男社会の警察組織の中で

女性なのに姫川班を率いて堂々と渡り合う姫川(竹内結子)

彼女の部下でありずっと思いを寄せている菊田(西島秀俊)

このシリーズでは菊田のファンなので

彼と結ばれればいいのにとずっと思ってましたが

そうならない所が切ない・・・

肝心のミステリーとしても面白いです。

この手の話でまさかウルッと来てしまうとは・・・

やはり大好きな役者の一人三浦友和。

ほとんどセリフが無いのですが存在感ありますね~

思わずホロリとしてしまったのは彼のシーンでした。

そして今回重要なマキタ役。

原作のイメージでは大沢たかおは少し違うなと思っていました。

個人的には遠藤憲一あたりがイメージだと思っていたけれど

残念ながら遠憲さんはすでに違う役で出演済み。

そんな感じで最初は違和感を感じていたものの

見始めたら意外や意外、大沢たかおもヤクザ役はまってました。

マキタと菊田の対決シーンも良かったです!

とにかく、このシリーズ中一番好きな作品です。

この先どうなるのか・・・

解散してしまった姫川班がまたいつか再結成されることを願うのですが

どうなるのでしょうか?

『つやのよる』

私が作品を選ぶ理由は好きな役者が出ているからと言う事が多く

事前に内容をそれほどチェックしないことも多い。

内容を知らない方が色んな意味で素直に観られるから。

この『つやのよる』もまさにそうで、

阿部寛が愛憎劇に出るなんてすごく珍しいし

共演の女優陣も結構な顔ぶれ!

このところ色んな役に挑戦している阿部寛が

こんなメロドラマ?的なものをやるのは始めて見るような気がして

いったいどんなドラマが展開されるんだろうか

結構期待してました。

が・・・

想像とは全く違い

奔放な恋愛をするのは松生(阿部寛)の妻・艶(つや)の方。

病気で昏睡状態の妻を前に

妻とかかわった男達と必死で連絡を取ろうとする

悲壮感目いっぱいの夫役と言うのも

新たな境地ではあったかもしれないしれないけれど

私は阿部ちゃんが色んな女性と色恋沙汰を演じるのを観てみたかったなぁ~

やつれた姿で坂道を必死で自転車をこぐ姿

愛し過ぎて狂気すら感じさせる役作りはさすがでした(拍手)

2013年1月22日 (火)

『渾身』

今年初の作品です!!

大の映画好きの私が今年の1本目がこんなに遅くなるとは

自分でも意外ですがこれを選んで大正解でした!!

『渾身』は隠岐の島を舞台にした作品です。

隠岐の島と言えば、

歴史上多くの人々が流罪にされた土地と言う事くらいしか

イメージがありません。

島根県に属しており島の一之宮である水若酢神社

神事として執り行われる古典相撲を題材にしています。

隠岐の島に生まれ育った英明。

(この英明役の青柳翔がEXILEのメンバーと言う事も後で知ってびっくり!)

結婚式をドタキャンして他の女性と島を飛び出したと言う過去を持つ。

島と言う狭い社会の事。

英明の行動は親からも島の人達からも非難されていた。

逃げたままでは嫌だと再び島に帰る決意をする。

そこで必死に相撲に挑戦すると言うストーリー。

相撲以外にも彼を取り巻く家族の複雑な状況も

しっかり描かれています。

相撲と家族愛が絡み合いながら

いよいよ晴れの舞台へと進んでいくのですが

とにかく島の自然が美しくすばらしい(拍手)

特に冒頭の神社の風景と共に古典相撲を説明するくだり

観ているこちらも身が浄められるような気分になりました。

そして、おそらく本物の行司さんや島の人々の総出演で

大迫力の盛り上がりでした!!

土俵や力士にかける勢い付?の塩の巻き方が半端無い!!

相撲の取り組み自体も大迫力で

涙と笑いで観ている方も大変でした(^ ^;)

相撲が神様に捧げるとても神聖なものだと言う事も

新鮮な発見でしたが

神様と共に生きる生き方もとても神々しく感じます。

そして人々の温かさと自然の美しさとがとても心に沁みました。

とにかく今年の初映画に選んだ『渾身』は大正解!!

かなりのおススメです☆

2013年1月 7日 (月)

2012年アーカイブ

2012年分の鑑賞履歴まとめてみました。

自分でも驚くほどよく観ました~

去年ではなく、もう随分前のような気がする作品もいくつか・・・

『麒麟の翼』なんて、もうTV放映されましたからね!?

早いです!!

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

『レ・ミゼラブル』

『グッモーエビアン!』

『007 スカイフォール』

『カラスの親指』

『アルゴ』

『のぼうの城』

『北のカナリアたち』

『終の信託』

『あなたへ』

『ボーンレガシー』

『天地明察』

『鍵泥棒メソッド』

『最強のふたり』

『夢売るふたり』

『闇金ウシジマくん』

『こびと劇場2』

『トータル・リコール』

『少年と自転車』

『ダークナイト ライジング』

『オロ OLO』

『チェルノブイリハート』

『ヘルタースケルター』

『海猿 ブレイブハーツ』

『スープ~生まれ変わりの物語』

『ホタルノヒカリ』

『ソウル・サーファー』

『幸せへのキセキ』

『Canta! Timor』

『ドライヴ』

『君への誓い』

『ガール』

『ファミリー・ツリー』

『ミッドナイト・イン・パリ』

『ダーク・シャドウ』

『紙兎ロぺ』

『幸せの教室』

『レンタネコ』

『ポテチ』

『宇宙兄弟』

『運命の子』

『テルマエ・ロマエ』

『アーティスト』

『しあわせのパン』

『SPEC~天~』

『ヘルプ~心がゆなぐストーリー』

『こびと劇場』

『僕たち急行 A列車で行こう』

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

『ものすごくうるさくて ありえないほど近い』

『セイジ 陸の魚』

『キツツキと雨』

『荒川アンダーザブリッジ』

『日本列島 いきものたちの物語』

『ドラゴン・タトゥーの女』

『麒麟の翼~劇場版・新参者』

『ヒミズ』

『ロボジー』

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31