フォト

ミースケの本棚

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 『王になった男』 | トップページ | 『横道世之介』 »

2013年2月20日 (水)

『脳男』

先日の江口洋介が出たA-studioを観て

気になってしまった『脳男』

生田斗真がこれまでにないストイックな役作りと言うのに

とても興味が湧いた。

とにかく強烈な映画でした(・_・;)

かなり強烈なバイオレンスなので

目を背けて観られなかったシーンも随所に。

それでも最後まで観ようと思わせるドラマがしっかりありました。

感情も無く痛みも感じない“殺人ロボット”

そして『脳男』と呼ばれる男(生田斗真)

そして彼の精神鑑定を依頼され必死に理解しようとする医師(松雪泰子)。

彼女もまた悲しい過去から今も痛みを引きずる。

何とか彼を理解しようと

彼の過去を探る辺りの謎解き感覚も

ドラマに引き込む要素になりました。

凶悪な犯罪を犯す若者たち。

そう『ヒミズ』で主演の彼女、怖かったです・・・

彼らを捕まえようと必死になる刑事(江口洋介)

若手ベテラン問わず、

みんな大熱演のぶつかり合いでした!

これまでにない役どころの生田斗真も良かったけれど

今回の松雪泰子は最近の役どころとは違い

とても人間的で泥臭さが新鮮でした。

決して気分がいい映画では無いけれど

それなりに面白かったです。

何となく続編が作られそうな余韻が気になります。

« 『王になった男』 | トップページ | 『横道世之介』 »

邦画:ミステリー、サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『王になった男』 | トップページ | 『横道世之介』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31