フォト

ミースケの本棚

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 『ヒッチコック』 | トップページ | 『舟を編む』 »

2013年4月11日 (木)

『君と歩く世界』

『君と歩く世界』は全く意表を突く作品でした。

シャチの調教師ステファニーは事故で足を失ってしまう。

アリと言うシングルファーザーでやや問題ありの男と出会い

どん底から立ち上がって行く様子を描いています。

この映画の紹介を見た時は『ソウルサーファー』と同じような

ストレートな感動ドラマかと思っていたけれど全く別物。

確かに事故に遭ったステファニーの苦悩と再生のドラマではあるのだけれど

実は無骨者アリの再生のドラマでした。

本当に大切なものを失いかけた時見えたもの・・・

それまで無骨で強さだけが全面に出ていた男が見せた弱さ。

彼が本当の「愛」に気付くまでのドラマだったような気がします。

『ソウルサーファー』のようなストレートな描き方ではないのが

いかにもフランス映画らしい気がしました。

« 『ヒッチコック』 | トップページ | 『舟を編む』 »

洋画:ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1638928/51190694

この記事へのトラックバック一覧です: 『君と歩く世界』:

« 『ヒッチコック』 | トップページ | 『舟を編む』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31