フォト

ミースケの本棚

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

『そして父になる』(ネタバレあり)

5月頃にカンヌ映画祭の受賞で注目を浴びた『そして父になる』

待ち遠しく思っていたのですが先行上映が始まり

早速観に行きました!

赤ちゃんの取り違えが発覚した二組の家族の物語。

方や田舎のしがない電気屋だけど家族仲良く本当に幸せそう。

方やエリートサラリーマンの父を持つ家庭は

父子の触れ合いもほとんどなく、どこか冷めた感じ。

腹立たしいほどクールな父親役の福山くんと

品は無くとも愛情豊かな父親リリーさん。

本当に対照的な二人、二家族。

血の繋がりとこれまでの6年と言う時間

どちらを選ぶのか・・・

実際に取り換えてから福山演じる父がようやく父性に目覚めることで

ドラマ的に盛り上げていくのだけれど

母親の葛藤や、お試し交換中の子どもたちの複雑であるはずの気持ちを

もう少し丁寧に描いて欲しかったです。

タイトルが『そして父になる』だから

あえて父親重視にしたのかもしれないけれど

もし実際に起こったのなら子供たちがもっと早い段階から

違和感や抵抗感を出していくんじゃないかと思い

やや不満が残ってしまいました。

それにしても、是枝監督の子どもの力の引き出し方?

毎度の事ながら素晴らしいです!

特にこの作品でデビューしたと言う琉晴役の子が特に良かったです(拍手)

『凶悪』

1人のジャーナリストが死刑囚の告発から闇に埋もれた事件を暴き

逮捕につなげたと言う実際の事件が元となったフィクション。

それだけでも十分興味を引き更には

山田孝之、リリー・フランキー、ピエール瀧と言う

強烈なキャスティングに引き寄せられて『凶悪』を観ました。

タイトルからそれなりに覚悟はしていたつもりでしたが

想像を超える残忍さに正直後悔してしまいました。

そこまでリアルに見せなくても

事件性から十分“凶悪”であることは伝わるのに・・・

リリーさんの残忍さが一番怖かったです・・・

今日はこの後『そして父になる』を観ましたが

イメージを忘れることが出来て良かったです。。。

2013年9月18日 (水)

『ATARU』

『ATARU』のカテゴリーを一応ミステリーにしていますが

正直私の中ではコメディの位置づけです。

『許されざる者』の後、何となく気分を変えたくて選びました。

ドラマ版はアタル役の中居くんの演技がどうしても好きになれず

観ていなかったけれどたまたま再放送を観て

「結構笑えるんだと」とインプットされました(^ ^;)

そういう意味では映画版もしっかり笑えて気分転換としては良かったです。

ただ・・・

エンディングは今の心情的に受け入れがたいものがあり

ちょっと辛かったですが。。。

それは作品的には関係の無い事なので

何も考えずに頭を緩めるにはちょうどいいのではと思います!

『許されざる者』

今回のレポは私の気分にかなり左右されているので

あまり参考にはならないと思います。

悪しからず・・・

久しぶりの映画、気分転換をと選んだ2本でしたが。

まずは『許されざる者』から。

元となったクリント・イーストウッドの監督主演作

観ているけれどほとんど記憶に残っていません。

おそらく好みの作品ではなかったのでしょう。

維新後の日本を舞台にリメイクされた話題作。

そういう内容だったのか

そして贅沢なキャスティングに興味をそそられました。

雄大な北海道を背景に映像的には美しかったです。

けれど、どんなにドラマ性を設定しても

結局殺し合いの映画としか見えず・・・

ハリウッド版もおそらく同じことだったんでしょうね。

作品的には好みでは無かったけれど

実力派俳優たちの共演は見ごたえありました。

特に李監督にしごかれて俳優として大きく成長と言われている

柳樂くんへの期待が大きかったのですが

一番すごいなと思ったのは柄本明さん!

隠遁生活を送っていた主人公十兵衛(渡辺謙)を引きずり出し

再び“人斬り十兵衛”に戻させていまった旧友金吾役。

その存在感は主演の渡辺謙さんですら霞んで見えたほど。

本当に素晴らしい役者さんです(拍手)

そして女郎役の小池栄子さんもとても良かったです。

近頃の彼女はどんな役も見事にこなせてしまう

もうすっかり本物の女優さんです(拍手)

そしてアイヌの若者役の柳樂君。

撮影は本当に大変だったそうですが

これまでにないキャラクター好演でした。

これからの活躍、がんばって欲しいです。

と言うわけで、作品うんぬんではなく

“役者”を観ていた映画でした。

2013年9月 2日 (月)

ひとりごと・・・

『終戦のエンペラー』以降珍しく映画を観ていません。

と言っても実は姪っ子の付き添いで

『謎解きはディナー…』を観に行ったのですが

寝てしまい、観たうちに入りません(^ ^;)

それにしても・・・

やはりと言うべきか

今日の宮崎駿監督の引退のニュースは驚きました。

もう一度『風立ちぬ』観に行こうかと思ってしまうほどです!

監督、本当にお疲れ様でした。

今週も映画館には行けそうにないので

来週久しぶりに映画を観たいと思ってます♪

こんなに間が開くのは本当に珍しいです(^ ^;)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31