フォト

ミースケの本棚

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)』 | トップページ | 『鑑定士と顔のない依頼人』 »

2014年2月 6日 (木)

『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』

西島秀俊主演で何か面白そうなミステリーと思い

期待しながら観てしまいましたが・・・

正直、やや期待外れでした!

西島君は言うまでもなくカッコイイのだけれど

真相がイマイチ面白くない(あくまでも私個人の感想)!

自宅に帰ったら妻が死んでいた。

そこに死んでいるはずの妻から電話が入り混乱。

そして警察と偽って自分をどこかに連れて行こうとする男達。

一気に引き込まれるスタートだったにも関わらず・・・

実は天才科学者だったと言う事実と妻が殺されてしまった真相の関わりが

イマイチ無理やりな感じがしてしまうのです。

せっかくの真木よう子の存在ももったいない感じで。。。

ちょっと厳し過ぎる感想でしょうか(・_・;)

もしかしたら原作はもう少し深みを感じるのかもしれないので

一度原作も読んでみようかとは思いました。

それにしても!!

西島君の完璧な韓国語は素晴らしい(拍手)

実は韓国人だったと言うことから

女性記者のカタコトの日本語とは違って

ネイティブな韓国語でなければならないから

とても大変だったのではと思うのです。

俳優さんはすごいですね!

何となく次回作もあるようなエンディングでしたが

続きはいかに?

« 『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)』 | トップページ | 『鑑定士と顔のない依頼人』 »

邦画:ミステリー、サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)』 | トップページ | 『鑑定士と顔のない依頼人』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31