フォト

ミースケの本棚

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 『聲の形』 | トップページ | 『永い言い訳』 »

2016年10月 4日 (火)

『怒り』

好きな俳優さんたちが総出演なので観ようと思ったこの『怒り』

実はこの原作は既に読んでいたのに
すっかり内容を忘れていました。
けれど映画が始まったとたん、思い出されて来て
そのとたん思ったのが配役のイメージが違い過ぎる!!と言う事。

冒頭から出て来る愛子役の宮崎あおいちゃん。
可愛過ぎる!と、まず違和感。
その後のキャスト達もみんな豪華過ぎてイメージが・・・

と、違和感を感じながら観ることになったのですが
途中からそんな事は全く感じなくなり
特に宮崎あおいちゃんの熱演、
これまでの彼女のイメージを吹っ飛ばすぐらい
本当に素晴らしかったです(拍手)

少し知能障害がある愛子が暮らす千葉の港町。
エリートサラリーマンで同性愛者の優馬が暮らす東京。
母親の事情で沖縄に引っ越してきた泉のいる離島。

それぞれに謎めいた人物が登場し
それぞれの物語を展開。
やがて悲惨な殺人事件の犯人かもしれないと思わせ
人々を不安に陥れて行く絶妙な仕掛け。
本当の犯人はだれなのか・・・
絶妙な展開のミステリーにすっかり入り込んでしまいました。

それは原作のすごさでもあるけれど
説明的な要素が潔く省かれた映画としての作品力
そもお見事でした(拍手)
そして、なぜあんなに贅沢で豪華なキャスティングとなったのか
観れば納得でもありました。

監督・脚本があの『悪人』の李相日さんと知り
大いに納得!!
見事なミステリー作品でした!
おすすめです~

« 『聲の形』 | トップページ | 『永い言い訳』 »

邦画:ミステリー、サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『聲の形』 | トップページ | 『永い言い訳』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31